【鬼滅の刃】 作者:吾峠呼世晴 ジャンル:少年漫画

累計発行部数は2019年11月27日時点で2500万部を突破! 吾峠呼世晴さんの大人気作品!現在発売中のコミックが人気のあまり入手困難!そんな鬼滅の刃を紹介!

作品紹介

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。

累計発行部数は2019年11月27日時点で2500万部を突破、同年12月4日発売予定の第18巻は初版100万部突破。

2019年にテレビアニメ化。2020年には劇場版が公開予定です。

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんは 1989年5月5日生まれの漫画家さんで性別不明。
現在連載中作品掲載の少年週刊ジャンプの巻末コメントが面白いと話題になっています。

あらすじ

大正時代の日本が舞台となっている。
山奥で炭を焼き、町で炭売りをしながら家族と平和に暮らしていた主人公、竈門炭次郎(かまどたんじろう)。炭次郎のおだやかな暮らしは、家族を鬼に惨殺されたことで一変してしまう。家族の仇を討つため、唯一生き残る事はできたが鬼と化してしまった妹を人間にもどす方法を探すため、二人は旅立つ。

感想

魅力的な多数の登場人物。勢いのあるストーリー展開。独特の世界観。 身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多いですが、その一方で不死性をコミカルに描くような側面もあり、主人公の炭治郎や登場人物達のシリアスとコメディの両側面が描かれていてます。このシリアスとコメディのバランスが絶妙で大変面白いです。もはや、ジャンプの看板作品と言って良いと思います!

アニメ・映画

2019年4月 テレビアニメ放送 全26話

2020年 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 公開決定

吾峠呼世晴さんの他作品

吾峠呼世晴短編集

コメント

タイトルとURLをコピーしました